TODAY:     ...

WORKSHOP

ZOU-NO-HANA BALLET PROJECT
安藤洋子ワークショップ開講

開催日時:ジュニアクラス(対象:12〜17歳)
 ①2018年1月20日(土) 15:30〜17:15
 ②2018年2月17日(土) 15:30〜17:15
 ③2018年3月27日(火) 15:30〜17:15
シニアクラス(対象:18〜30歳)
 ①2018年1月23日(火) 18:00〜20:30
 ②2018年2月20日(火) 18:00〜20:30
 ③2018年3月27日(火) 18:00〜20:30
  
対象:ジュニアクラス:12〜17歳
シニアクラス:18〜30歳
※30歳以上でご希望の方はお問い合わせください
定員:各回25名。先着順。18歳以上の方は書類審査の上ご連絡いたします。
  
参加費:ジュニアクラス(12〜17歳)
一回につき2,000円 / 三回連続チケット5,000円
シニアクラス(18〜30歳)
一回につき3,000円 / 三回連続チケット8,000円
※支払い後の返金はできません。
主催・会場:象の鼻テラス

象の鼻テラスでは、横浜生まれ横浜育ち、市民が支える地元のバレエ団「横浜バレエ団」の設立を目指し、
本プロジェクトを始動します。

横浜出身の安藤洋子は2001年からドイツ、フランクフルトを拠点に世界各地で活動、2016年に帰国しました。
そのノウハウを次世代の若手ダンサーに伝え、近い将来横浜でのバレエ団旗揚げを目指します。
プログラムはジュニアクラス(12〜17歳)、シニアクラス(18〜30歳)の2クラスを設け、
それぞれのレベルに合わせたレッスンを行います。

横浜から世界へ、そして未来へ。

Zou-no-Hana Terrace is introducing a new project, founded and established in Yokohama.  Entitled the ‘Yokohama Ballet Company’, it is a new ballet dance company made up of and supported by local citizens.
Based in Frankfurt, Germany, Yoko Ando that was born in Yokohama has been playing active roles in various parts of the world since 2001, and returned to her home country in 2016.
She will teach her know-how to the next-generation's younger dancers to launch a ballet company in Yokohama in the near future.
Regarding the program, two classes of a junior class (12 to 17 years old) and a senior class (18 to 30 years old) will be prepared; and lessons will be given in accordance with each student's level.
From Yokohama to the world, and to the future



講師からのメッセージ

質の高いダンサーはみなヨーロッパなど日本外のカンパニーに踊る場所を求め移住してしまいます。
切り取り式のプロダクションではなく、地域に根ざしつつ、
世界に発信していけるダンス芸術、世界レベルのダンサーをここ横浜から!!
ダンスの素晴らしを再発見、再構築していく試みをスタートします。是非一緒に象の鼻テラスでワークしましょう!




ワークショップ内容

<ジュニアクラス>
バレエの基礎を中心に、踊る楽しさ、表現力を培っていきます。

<シニアクラス>
バレエの基礎を中心に、踊る楽しさ、表現力を培っていきます。
プロを目指す方ダンサーを発掘・育成する場とします。"




お申し込み方法

① ご希望のクラス(ジュニア/シニア)
② ご希望の参加日時
③ お名前(ふりがな)
④ ご年齢
⑤ 性別
⑥ お電話番号
⑦ バレエ・ダンス歴(ジャンル・経験年数)
⑧ 18歳以上の方は自己紹介文(在学・出身大学必須)

上記をご記入の上、yokohama-ballet@zounohana.comまでお申し込みください。
件名に「安藤洋子バレエワークショップ申込」とご記入ください。




安藤洋子 / Yoko Ando



プロフィール

横浜生まれ。
1991年より木佐貫邦子ダンスアンサンブル「néo」のメンバーとして木佐貫の作品に参加。
1997年より本格的に自作自演のソロダンス活動を開始し、独自の身体性について追究を始める。
同時に、コンテンポラリーダンサーの山崎広太、舞踏家の笠井叡のダンス作品などにダンサーとして出演。

他分野においては、
1998年、日本を代表する戯曲家/演出家/俳優の野田秀樹が主催するNODA MAP公演「ローリング・ストーン」。1999年、小澤征爾 指揮、ロベール・ルパージュ(Robert Lepage)演出によるサイトウキネンオーケストラのオペラ「ファウストの劫罰(La Damnation de Faust)」。1999年、坂本龍一オペラ「LIFE」に出演。


2001年、ドイツ、フランクフルトにて上演された、トニー・リッチィー(Tony Rizzi)のシアターダンス作品「Judy was angry」に出演。この時のダンスが、振付家ウィリアム・フォーサイス(William Forsythe)の目に止まり、2001年よりフランクフルトバレエ団(Ballett Frankfurt)にアジア人としては初めての入団を果たす。
2004年フランクフルトバレエ団解散後も引き続きザ・フォーサイス・カンパニー(The Forsythe Company)に在籍し、2015年のカンパニー解散までの15年間フォーサイスと共に新作クリエーションを行い、フォーサイスの40作品に出演をする。


2001年以降のカンパニー以外の活動では、
作/演出/出演のダンス作品
「Moire」、「Tansu」 、「Largo」、「表裏一体 One and Indivisible」を日本で発表。

ゲストアーティストとしては、2007年に金森 穣(Jyo Kanamori)率いるダンスカンパニーNoismに振付作品を提供。
井出 茂太(Shigehiro Ide)作/演出「排気口」(2008)、小野寺 修二(Shyuji Onodera)作/演出「空白に落ちた男」(2010)などに出演。
現代美術家の 杉本博司(Hiroshi Sugimoto)の展覧会「アートの起源/Origins Of Art」(2010)、平川典俊(Noritoshi Hirakawa)のインスタレーション作品「Beyond the sunbeam through trees」(2011) にダンサーとして参加するなど、幅広く活躍。


また教育面においては、2001~06年までYoko Ando Project を立ち上げ、セミナーやワークショップ、ダンスショーイングを企画。延べ3500人以上の受講者が参加。


近年では、慶應義塾大学大学院(Keio University)や日本女子体育大学など大学や大学院においても講義を持つ。

ウィリアム・フォーサイス作品においては、
ローザス(Rosas)のアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル(Anne Teresa De Keersmaker)が主催するダンス学校「PARTS」にて学生達に、オリジナルメンバーとして創作に携わった作品「Clouds after Cranach」、スターダンサーズバレエ団へはフォーサイスの代表作「N.N.N.N」を振付指導。

テクノロジーとダンスの分野では、2011年 山口情報芸術センター(Yamaguchi Center for Arts and Media)に招かれ、新作インスタレーション「Reacting Space for Dividual Behavior」を発表。
この出会いから、YCAM InterLab との共同研究開発がスタートする。
第一線で活躍する日米のソフトウェア開発者とYCAM InterLab と共に、メディアテクノロジーを使ったダンスの創作と教育のためのツールを共同研究開発し、シンポジウムや公演、レクチャーなど積極的に取り組んでいる。

現在、NYと日本を拠点に、自己の身体表現を模索するとともに、経験を生かした芸術教育にも力を注ぐ活動を続けている。







会場・お問い合わせ

象の鼻テラス

〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目
TEL: 045-661-0602 / FAX: 045-661-0603
yokohama-ballet@zounohana.com

icon_top

TODAY:     ...

ttl_news

UPCOMING

Zou-no-hana Terrace Song
song: Shuta Hasunuma