TODAY:     ...

EXHIBITION

ポート・ジャーニー・プロジェクト ヘルシンキ⇆横浜
マルクス・コーレ展『what if ?』

PORT JOURNEY helsinki - yokohama
Markus Kåhre "what if ?"
開催日時 | DATE:2017年12月15日(金)〜 2018年1月9日(火)
12月15日(金)19:00〜 レセプション(招待制)
12月16日(土)13:00 / 16:00 ワークショップ
会場 | VENUE:象の鼻テラス | ZOU-NO-HANA Terrace
主催 | ORGANIZED BY:象の鼻テラス | ZOU-NO-HANA Terrace
後援 | ASSOCIATION:フィンランド大使館, フィンランドセンター | EMBASSY OF FINLAND, THE FINNISH INSTITUTE IN JAPAN
協力 | COOPERATION:FORUM BOX | FORUM BOX

世界のクリエイティブな港町をつなぐ「ポート・ジャーニー・プロジェクト」。 
今回はフィンランドの港町ヘルシンキから、アーティスト マルクス・コーレを招聘し、
歴史のもしもを考える展示「what if ?」を開催します。
「もし、あの時横浜にペリーが来ていなかったら」。仮説的に歴史を考え進めることで、
ひいては自分自身への問いを深めることができるだろう、と作家は言います。
そんな歴史の「what if ?」をパズルを解きながら楽しんでみませんか。
 
 
■会期中のイベント
レセプション
12月15日(金)19:00〜 
受付開始:18:30
会場:象の鼻テラス
※招待制

 
ワークショップ
12月16日(土)13:00〜/ 16:00〜 1時間程度を予定
会場:象の鼻テラス
参加費:無料 
参加方法:テラス内で受付、予約不要

マルクス・コーレのパズルを参考にオリジナルパズルに絵を描き、
「もしも」を考えるワークショップを開催します。



■プロフィール
マルクス・コーレ

1969年生まれ。1996年に現アアルト大学を卒業。その後2001年にヘルシンキ大学哲学科、フィンランド芸術アカデミーの彫刻科を卒業。同学の彫刻科で教鞭をとる。現在はフィンランド、ヘルシンキに在住。
自身の家系が船乗りだったことでポートジャーニーや遠い横浜に興味を抱き、本プロジェクトの参加に至る。

 
■ポート・ジャーニー・プロジェクトとは
2011年に横浜とメルボルン(オーストラリア)の交流からスタートし、恊働可能な施設や団体、およびそれらが属する市政府関係者と協議をかさね、今日的かつ持続可能な文化サポートの仕組みづくりを行っています。以降、ネットワークを徐々に拡大。年に一度のディレクター会議(毎年ホスト都市を変えて実施)や2ヶ月に一回のオンライン会議も行いながら、2都市間のみ、アーティストの交流のみにとどまらない広い意味での文化交流のかたちを探っています。
現在までの参加都市(ディレクター会議の単回参加も含む)、横浜(日本)、メルボルン(オーストラリア)、サンディエゴ(アメリカ)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、グローニンゲン(オランダ)、バーゼル(スイス)、ナント(フランス)、レイキャビク(アイスランド)、アンマン(ヨルダン)、高雄(台湾/予定)など。
PORT JOURNEYS website

--
"Port Journey Project", the cultural exchange project between port cities around the world to promote creative city development. For this time, inviting artist Markus Kåhre from Helsinki, a port city in Finland, we will hold the exhibition "What if?" to think about what-if of history.
"What if Perry didn't come to Yokohama at that time?" Markus says, by thinking such "what if" of history deeper, it would end up enabling us to deepen questions to ourselves. Would you like to enjoy such history's "what if?" while solving his puzzles?

 
■Event
RECEPTION
2017/12/115 Fri 19:00〜
Doors open : 18:30
*By invitation only

WORKSHOP
2017/12/16 Sat 13:00-/ 16:00-
No reservation required

We will hold a workshop drawing a picture on an original puzzle and also thinking history's "what if?" by referring to Markus Kåhre' how-to-create a puzzle.

 
■Profile
Markus Kåhre
Born 1969, Helsinki. Graduated from former Aalto University 1996. Studies philosophy at the University of Helsinki 1989- and in the sculpture department of the Academy of fine art Helsinki 1995-2001, Teacher at the sculpture department of the Academy of Fine Art Helsinki 2000-2007. 2007-12 and 2003- Five year working grant from the Finnish state.
Because his own family line was a sailor, he was interested in Port Journey project and Yokohama, and he joined this project.
 

■About PORT JOURNEYS
ZOU-NO-HANA TERRACE initiated the “PORT JOURNEYS” in 2011, to build relations upon an axis of cross-cultural exchange, through the collaboration of world port municipalities engaged in creative community development, cultural facilities, and artists.
Yokohama’s ZOU-NO-HANA TERRACE has as its objective multi-dimensional and sustainable mutual exchange among artists, municipal administrators and cultural facility staff in each port city. Cities to be involved with this cultural exchange include Yokohama’s sister ports, and port cities having partner relations with Yokohama, and other creative port cities.With the globalization of the world’s economy and changes in economic spheres, there is a demand for cities to reconsider their traditional functions and reinvent themselves; it is in that setting that more and more metropolitan centers around the world are promoting community development with citizens and artists and creators at the core of their concepts.
As a platform for the promotion of community creation, this project’s pursuit is the autonomous development of creative inter-city exchange.   

 

icon_top

TODAY:     ...

ttl_news

UPCOMING

Zou-no-hana Terrace Song
song: Shuta Hasunuma