TODAY:     ...

WORKSHOP

ポート・ジャーニー・プロジェクト ハンブルグ⇆横浜 ラエル・ブランズ展『HUMAN FACES』
お絵かきワークショップ

PORT JOURNEY Hamburg - Yokohama
Rahel Bruns "HUMAN FACES"
開催日時 | DATE:2018年7月14日(土)、15日(日) | 14 sat, 15 sun July, 2018
1)13:00 2)14:00 3)15:00 4)16:00(それぞれ約30分程度 | About 30 minutes each)
会場 | VENUE:象の鼻テラス | Zou-no-Hana Terrace
主催 | ORGANIZED BY:象の鼻テラス | Zou-no-Hana Terrace
協力 | IN COOPERATION WITH:FRISE
助成 | SUBSIDIZED BY:ハンブルク市文化部 | Hamburg Ministry of Culture
 
参加方法 | ADMISSION:無料 | Free
予約不要。当日会場にて受付いたします。
Reservation not required.
対象|TARGET AGE:お子さまから大人の方まで|all age
問合せ | CONTACT US:045-661-0602 / event@zounohana.com

『ポート・ジャーニー・プロジェクト ハンブルグ⇆横浜 ラエル・ブランズ展』
関連イベントのお絵かきワークショップ。
 

展覧会の関連企画として、今週末にはアーティストのラエルと共にお絵かきができるワークショップを開催いたします!
参加者同士で「人の顔」を紙とペンを使いお絵かきをして、できた絵は象の鼻テラスの展示壁に掲示していく予定です。
みんなでお互いの顔をどんどん描いてみませんか。

*大人の方も参加いただけます。



プロフィール


ラエル・ブランズ (Rahel Bruns)

1979 年、フィルダーシュタット生まれ。ハンブルクに拠点を置く彫刻家であり、国際的なスカラシップ
や賞を多く受賞しています。ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、ベルリン(ドイツ)、メキシコシティ(メ
キシコ)の大学で学んだ後、ブラウンシュヴァイク美術大学で2009 年に美術修士号を取得しました。
Bruns はインスタレーション、彫刻、写真、描画、エッチングを用いて作品制作をします。彼女は多様
な素材やサイズのコンセプチュアルな作品を発表し、その多くは政治的背景をモチーフに、侵略と美との
関係だけでなく、アーティストのコンセプト、偶然性、鑑賞者の知覚の関係を問いかけます。
2011 年から2013 年にハンブルクのVeddel 港(フェッデル港)でのアートインレジデンスにて、本展
の原点となるインスタレーションを発表しています。


 
■ポート・ジャーニー・プロジェクトとは

2011年に横浜とメルボルン(オーストラリア)の交流からスタートし、恊働可能な施設や団体、およびそれらが属する市政府関係者と協議をかさね、今日的かつ持続可能な文化サポートの仕組みづくりを行っています。以降、ネットワークを徐々に拡大。年に一度のディレクター会議(毎年ホスト都市を変えて実施)や2ヶ月に一回のオンライン会議も行いながら、2都市間のみ、アーティストの交流のみにとどまらない広い意味での文化交流のかたちを探っています。
現在までの参加都市(ディレクター会議の単回参加も含む)、横浜(日本)、メルボルン(オーストラリア)、サンディエゴ(アメリカ)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、グローニンゲン(オランダ)、バーゼル(スイス)、ナント(フランス)、レイキャビク(アイスランド)、アンマン(ヨルダン)、高雄(台湾/予定)など。
PORT JOURNEYS website
 


 

icon_top

TODAY:     ...

ttl_news

UPCOMING

Zou-no-hana Terrace Song
song: Shuta Hasunuma